FC2ブログ
2020.02.15

洋書楽読(12):Kane and Abel

"Kane and Abel" by Jeffrey Archer
を読みました。



・総ページ数:545ps
・読了までにかかった期間:2か月

ネットなどで調べてみて,この本の評価が高かったので,読むことにしました。

同じ日に全く別の世界で,全く異なる環境のもとに生まれた2人の物語です。
大人になってからようやく2人は出会うことになりますが,
互いの誤解により,ひどく憎しみ合うことになります。

Jeffrey Archer の名前は聞いたことがあったのですが,
原書はもちろん,翻訳書も読んだことはありませんでした。
ただ,この作品がテレビ化されたものはちらっと見たことがあるような気がします。

洋書楽読では初めてのイギリス人作家の本ですし,
本も分厚いため,「読めるのだろうか?」と思いながらページを開きました。

読み始めてみると,これがとても読みやすかったです。
知らない単語もそれほど多くないですし,
文脈から,その単語がいい意味なのか悪い意味なのかが判断できることが多かったので,
そういった単語は辞書を引かずに読み続けました。

中盤くらいから,このあと2人はどうなっていくのだろうと思って読み進め,
どんどんページをめくるスピードが速くなっていきました。

最後は,悲しい終わり方ですね。
せめてもの救いは,最後には2人が真実を知ることができたことでしょう。

英語としては John Grisham や Dan Brown よりも読みやすかったです。
特に,ビジネスマンとしてのし上がっていくような話が好きな人はどんどん進むと思います。
ただし,部分的にですが,構文が取りにくいところもあります。

以下,あくまでもわたしの個人的な感想です。
・がんばれば読めるレベル:大学生
・おすすめ度★★★★★(読ませる本です!)


にほんブログ村 英語ブログへ
この記事へのトラックバックURL
http://ekotobadayo.blog88.fc2.com/tb.php/334-18ea357b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する