FC2ブログ
2019.11.12

洋書楽読1年

「洋書楽読」と題して,洋書を読み始めてから1年あまりがたちました。
その間に読了した本は9冊。
1冊に1か月あまりかかっている計算です。

1日30分くらいの読書時間なので,それは仕方がないと思いますが,
もう少し読むスピードが上がってくるともっと楽しいでしょうね。

さて,1年間,洋書を読んできて学んだことは何でしょうか?

私は最初"Holes"と"Wonder"を読み,とても楽しかったので,
書店やオンラインでヤングアダルト向けの本を物色していました。

ヤングアダルト向けは当然,大人向けよりもやさしい単語が使われていて,
少年少女にもわかりやすく書かれているはずなので,
私たち英語学習者にも読みやすいはずです。

実際,私自身も"Holes"を楽しみましたし,
"Wonder"には感動と勇気をもらいました。
両方とも素晴らしい本でした。

しかし,それはこれら2冊が小説として素晴らしかったからであって,
ヤングアダルト向けで読みやすかったからではありませんでした。

私がこの1年間で学んだのは,「興味のある本を読め」ということです。

半世紀も生きてきたおっさんにとって,
ティーンエージャーの恋愛やら葛藤やらは完全に興味の外です。

それよりもJohn Grishamのハラハラするサスペンスのほうがページが進みます。
Steve Jobsの波乱万丈な人生のほうが得るところが大きいです。

洋書多読のブログなどには,
「TOEIC600点ならこの洋書を読め!」みたいなのがありますが,
自分の英語力に合った本を読むのではなく,
自分が関心を持っているテーマの本を読むべきだと思います。

昔のことですが,
どうやって英語を習得したのかという質問に答えて,
小林克也さんが「雑誌Playboyのエッチなコラムを読んでいた」
と答えていたように記憶しています。

それが英語であろうと中国語であろうと,
思春期の男の子はエッチなコラムなら必死になって理解しようとするでしょう。

それと同じように,義務ではなく,読むのが楽しい本を探すべきです。

これからも私なりに偏った「洋書楽読ブログ」を続けて行こうと思います。


にほんブログ村 英語ブログへ
この記事へのトラックバックURL
http://ekotobadayo.blog88.fc2.com/tb.php/328-d669336e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する