FC2ブログ
2018.07.08

2018-1英検1級二次試験

英検の二次試験を受験されたみなさま,おつかれさまでした。
私は今回も大阪YMCAで受験しました。

9時15分集合で,5分前に着いて,最後から5番目でした。
待合室では,あまり深く考えず,自作ノートを見ながら
気持ちを落ち着けるように努めました。

9時55分くらいに面接室の前の席に案内され,
面接室に入ったのは10時10分ごろだったと思います。

面接官は50代後半くらいの白人男性(リチャード・ギアふうのおじさんで,オーストラリアかニュージーランドのアクセントのような気がしました)と
30歳くらいの日本人男性(日本語発音でした)。

最初は白人男性から自己紹介をするように言われ,
前回と同じく用意していた自己紹介をしました。
今回もまた,同じ白人男性から趣味についての質問も追加でされました。
昨日ランニングをしたという話になり,偶然にも3人とも昨日ランニングをしており,白人男性と私は3キロ走り,日本人男性は5キロ走ったとのことだったので,白人男性に”You win."と言われていました。
一気にリラックスムードになりました。
英検の面接官はこういった緊張を解く能力がピンキリですね。

さて,トピックカードを裏返しました。
今回もこれと言って自信を持って答えられるトピックはありませんでした。
ここ2,3年の経験からですが,最近はとてもテーマが具体的になっているような気がします。

結局選んだのは,科学関係でした。
社会問題を解決するのに科学に依存しすぎか?
という感じで,私は科学の利点を言ったのですが,
トピックに合っていないことを指摘されました。
確かに科学の肯定と否定で,矛盾していました。

今回も,
I think that ~ for the following reasons.
Firstly, ~
Secondly, ~
In conclusion, for these reasons, I think that ~.
という形だけは守りました。

ただし,トピックに合っていないスピーチだったので評価は低いでしょう。

質疑応答については,白人男性の質問が2つ,日本人男性が2つくらいだったと思います。
質問については,白人男性の英語が少し聞き取りにくかったです。
質疑応答についてはまずまずかと思います。

スピーチは混乱していましたが,質疑応答はそこそこということで,まあうまくいけばギリギリ合格もあるかなという感じです。

達成感はありませんが,英語でコミュニケーションができるというのは楽しいことですね。

今回も期待せずに結果を待ちます。


にほんブログ村 英語ブログへ

この記事へのトラックバックURL
http://ekotobadayo.blog88.fc2.com/tb.php/298-13a0f2f3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する