2017.02.19

2016-3英検1級二次試験

英検の二次試験を受験されたみなさま,おつかれさまでした。
私は大阪YMCAで受験しました。

10時半集合だったのですが,10時頃に到着しました。
教室で待たされ,このときが緊張の頂点でした。
自作のスピーチを心の中で音読して待っていたのですが,まったく頭に入りませんでした。
11時15分くらいに面接室の前の席に案内され,
面接室に入ったのが11時40分くらいだったと思います。

面接室に入ると,もう緊張とか言ってられないので,とにかく集中しました。

面接官は40代くらいの白人男性(アメリカ英語だったと思います)と60代くらいの日本人男性(ただし,発音は日本人っぽくなかった)。

最初は日本人男性から自己紹介をするように言われ,用意していた自己紹介をしたものの,それに対する反応はほとんどなしでした。

さて,トピックカードを裏返しました。
やっぱり,な,ない…。
暗唱したトピックの中には使えるものは一つもありませんでした。

結局選んだのは,
fossil fuelについてでした。

とりあえず,
I think that ~ for the following reasons.
Firstly, ~
Secondly, ~
In conclusion, for these reasons, I think that ~.
という形だけは守りました。

ただし,内容はぐだぐだで,
理由1を言っている間に,自分が意図と逆のことを言っていることに気がつき,
あわてて無理やりに理由1を終わらせたような形になりました。

質疑応答については,白人男性の質問が2つ,日本人男性の質問が1つだったと思います。
白人男性がとてもわかりやすくたずねてくれたこともあって,
質問が聞き取れないとか,聞き返すということはありませんでした。
逆に,日本人男性の流暢な英語のほうが聞きにくく,1つだけ単語を聞き返しました。

まったく的はずれな応答はなかったと思う(いや,自分で気づいていないだけかも)ので,
質疑応答は自分ではやれるだけのことはやったという気持ちです。

以上のような感じなので,もし,ものすごく運が良ければ合●(伏せ字)ということも?
という希望はつなげました。
どんなに好意的に評価されても無理,という結果ならもう今回は終わりですが,
ごくごく薄い希望ながら,これであと2週間楽しめます。


にほんブログ村 英語ブログへ

この記事へのトラックバックURL
http://ekotobadayo.blog88.fc2.com/tb.php/247-ee5d7284
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する