FC2ブログ
2016.07.06

『英検1級 面接大特訓』レヴュー

今年度中にとにかく受験だけはしたい,との思いから,
英検一級関係の参考書を何冊か買い込みました。
その中の一冊がこれです。



「面接大特訓」と題していますが,一次試験のエッセイ向けの内容のように思います。
というのも,私のような初学者にとってはここで出てくる語いを使ってスピーキングをする
というのは不可能に近いように思うからです。

そのため,私は模範解答を少し簡単にリライトして,面接対策をしている途中です。
基本的な論旨の展開はエッセイもスピーチも同じでしょうから,
全体の流れとしては同じでよいわけです。
(というか,この本の趣旨もそういうことなのですが。)
ただ,難しいのはスピーチにしては高度すぎる(と思われる)表現や語いがあるということです。

この本の出版が英検の今年度の改革発表と同時期だったためだと思いますが,
少し「やっつけ」的な編集作業が目につくところが多々あります。
6つの「ポイントとキーアイディア」というのも旧形式の「ポイント」を急遽変えたような印象です。
あとは,「サンプル文書」と「添削&解説」で,出てくる表現が異なるところがいくつもあります。
また,添削後の文書の全文訳が間違っているところやごっそりと訳抜けしているところもあります。

とは言え,エッセイ・スピーチ専用の本を使ったのはこれが初めてだということもあり,
この本から学ぶことは多いです。
また,とても使いやすい参考書であることは間違いありません。
編集上のミスは2刷で直してもらいたいですね。


にほんブログ村 英語ブログへ

この記事へのトラックバックURL
http://ekotobadayo.blog88.fc2.com/tb.php/207-14085247
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する