2015.08.21

壁?

ときどきTOEICにはいくつかの壁があると言われます。
730点,800点,860点,900点,950点,990点…。

私も現在,990点の壁に阻まれているかのように見えるかもしれません。
しかし,それは決してTOEICの壁ではありません。
自らの英語力の壁です。
そう,私が990点を取れないのは,現在,私に990点を取る英語力がないからです。

いわゆる「TOEIC力」や「試験慣れ」によってその人の英語力あたりまでTOEICスコアは伸びます。
860点あたりの英語力の人でも,何の準備もせずに公開テストを受験すると700点くらいしか取れなかったりします。
そして,その人が「TOEIC力」をつけ,「試験慣れ」をすると,860点までは順調に点数が伸びます。
しかし,そこで壁に阻まれます。
そこがその人の英語力の壁なのです。

そこからさらに点数を伸ばそうとすれば,今度は英語力そのものを伸ばさなければなりません。
これは「TOEIC力」や「試験慣れ」での伸びのように短期間ではどうすることもできないものです。
地道にコツコツと英語力をつけていくしかないのです。

TOEICは「TOEIC力」や「試験慣れ」のようなもので簡単に目標点を取らせてくれる試験ではありません。
そこから真の英語力が試されるようになっているのです。

私と同じように壁に阻まれている方々も,焦らず英語力を伸ばしましょう。
決して近くはありませんが,自ら培った英語力がいつかその先へと導いてくれるはずですから。


にほんブログ村 英語ブログへ

この記事へのトラックバックURL
http://ekotobadayo.blog88.fc2.com/tb.php/179-6998c0d7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する