FC2ブログ
2019.10.03

Hanoi探訪

先週,旅行でHanoiを訪れました。
社会主義国を訪問するのは初めての体験です。

Hanoi

予想はしていましたが,シンガポールやマレーシアほどは英語が通じませんでした。
しかし,ホテルのスタッフさんや店の店員さんなどは英語を話していました。

相手もブロークンな英語を話しますので,
こちらも身振り手振りを交えて文法無視で話していました。
英語学習には良くないと思いますが,そんな意思疎通も楽しいものでした。

移動手段はほぼ徒歩か自動車しかなかったので,どこへ行くのにもGrabを使いました。
マレーシアのGrabはGrab Spotかよほど大きな目印があるところでしが乗車できませんでしたが,
ベトナムではちょっとしたスーパーの前などでも乗車できたので便利でした。

Grabの運転手さんはふつう,英語を話せない(話さない?)ので,
車内では無言のことが多かったです。
あと,運転しながら携帯で通話したり,携帯を操作する人もかなりいました。
スマホの画面を操作しながら片手でバイクに乗っている人も多かったので,
ここでは,そういうことが普通なのでしょうね。

とにかく,一番の驚きはバイクの多さです。
台湾でもバイクの多いのに驚きましたが,全くその比ではありません。
バイクが至るところに,至る方向に向かって,至る場所を走っていました。
平然と逆走していますし,歩道(と思われる場所)も走っていました。
のちに気づいたのですが,彼らにとってバイクは日本の自転車のようなものですね。

幹線道路でもほとんど信号がありません。
片側2車線の道路でも信号がないところが多いですし,
バイクがいろいろな方向からやってくるので,道を横断するのが一苦労でした。
旅の終わりになると,ようやく要領がつかめるようになり,
広い道路でどんどん自動車やバイクが通っていても,
たいていはよけてくれるので,思い切って横断していましたが。
正直なところ,事故にあわなくてよかったなと思います。

そんな交通の状況ですから,自動車もバイクも本当によくクラクションを鳴らします。
Grabの運転手さんでも,10秒に1回くらいは鳴らしていました。
日本でそんなことをしたら,たぶんケンカが始まるでしょうね。
ケンカにならないところが,ベトナムの人々のおおらかさだと感じました。

到着した日に現地の人から屋台では食べないほうがいいと言われたので,
できるだけ,きれいな食堂・レストランで食べました。
きたない所のほうがうまそうに見えるのですが…。
それでも一度,お腹がユルくなってしまって,トイレを探すのに一苦労でした。
市街地には公衆トイレもショッピングモールのようなところもほとんどないので,
冒険はしないほうが良さそうです。

物価ですが,高級品や輸入品は日本と同じくらいです。
例えば,ナイキのシューズなどは日本円で1万数千円くらいなので,
もしかすると,日本でオンラインで買うほうが安いかもしれません。

それに対して,Grabは20分くらい乗っても200円弱,
ペットボトルの水は5リットルでも100円くらいと,かなり安かったですね。

通貨はドンで,100,000ドンが500円ということで,
ガイドブックなどにはゼロを2つ取って,2で割ると書かれています。
ただし,お店などでは例えば50,000ドンはFiftyと言われますので,
逆に50にゼロを1つ足して2で割ったほうが簡単だと思います。

ノイバイ国際空港(Noi Bai International Airport)で帰りの飛行機のチェックインの時に,
おそろいのシャツを着た10代後半くらいの女の子たちが20~30人くらいいました。
シャツの胸にはベトナムと日本の国旗が描かれていたので,
何なのだろうと思っていましたが,後で調べてみると技能実習生だとわかりました。

家族や友達と思われる人々が見送りに来ていて,
お別れのときには抱き合って涙を流していました。

純粋そうな彼女たちの涙を見て,一人の日本人として複雑な思いがしました。
どのくらいの期間,日本で過ごすのかわかりませんが,
日本での生活が喜びや希望に満ちたものであることを願ってやみません。


にほんブログ村 英語ブログへ
Posted at 12:31 | 外国探訪 | COM(0) | TB(0) |
2018.10.18

Kuala Lumpur探訪

先週,旅行でKuala Lumpurを訪れました。
東南アジアは5年前のシンガポール以来の2回目です。

Jalan Alor
(食堂街の Jalan Alorで食事中にものすごいスコールがありました。)

旅行前は,マレーシアでは英語は通じるのかなと思っていましたが,
ふつうにみんな英語を話していました。

大きく分けて,中国系,マレー系,インド系の人びとが住んでおり,
それぞれは中国語,マレー語,タミル語で話すらしいのですが,
民族を越えて話すときは英語を使うので,ほとんどの人は英語ができるようです。

最も驚いたのは,みんなが私の英語をよく聞き取ってくれるということでした。
ベタベタの日本人英語でもきちんと理解してくれるのではないでしょうか。
それくらい,こちらの言うことはよく理解してくれました。

しかし,シンガポールでも感じたことなのですが,
中国系の人の話す英語を聞き取るのが難しかったです。
とにかく速いし,つらつらーって感じで話すので,
「えっ? 何?」ってなります。

今までに行った国では,
外国の店員さんってのはぶすっとしているものだという印象でしたが,
のんびりした国民性なのでしょうか,店員さんもニコニコしている人が多かったです。
歩行者は赤信号でも道を渡りますし,
前を横切られた運転手もクラクションを鳴らしたりとかはなかったような気がします。

最後の2日くらいはお腹がユルめでしたが,
マレーシアはもう一度行ってみたい国の一つになりました。


にほんブログ村 英語ブログへ
Posted at 21:08 | 外国探訪 | COM(0) | TB(0) |
2017.09.21

New York探訪

先週,旅行でNew Yorkを訪れました。
アメリカ本土へ行くのは今回が初めてです。

20170912-1

今回の旅行では,現地のアメリカ人家族と一緒に過ごすことが多かったので,
今までで最も英語をよく使う旅行となりました。

とは言え,時差ボケで睡眠時間が極端に短かったために,
午前中はなんとか英語を聞き取ろうと集中することができても,
午後や夕方になると,だんだん疲れて眠くなり,ほとんど聞き流してしまっていました。

TOEICや英検の勉強をしているおかげか,集中して聞けば(これがものすごく疲れるのですが),
ほとんどの場合,完璧とは言えないものの,話の大筋は理解できました。

逆に,やはり実力不足だなと感じたのは,ちょっとした返答とかがまったく聞き取れないということです。

あるショッピングモールでトイレの列に並んでいたときのことですが,
私の前には若い男性が1人だけいました。
そこへ,おそらく私たちが並んでいるということに気づかず,別の男性が私たちを抜かしていったのです。
すると,私の前の男性が「※△◎」とその抜かした男性に言い,
その男性はSorry.と言って,私の後ろに並びました。
私はその「※△◎」がまったく聞き取れませんでした。
私が先頭だったら,抜かした男性に声をかけられなかったのではないかなと思います。

そのあとで,お世話になったアメリカ人のお母さんに,何と言ったと思うかたずねたところ,
I'm next. か We're on[in] line. じゃないかなと答えてくれました。
私にはそのどちらにも聞こえなかったのですが…。

こうやって学んだことをすぐに活用できる機会があるのがさすが英語圏の国ですね。
ベーグル屋さんで注文したあと,できあがるのを待っていると,店に入ってきた若い男性に,
You guys on line?
とたずねられました。(動詞はなかったと思います。)
また,レストランでトイレへ行くと,年配の男性2人が立っていたので,今度は私が,
Are you on line?
と使ってみました。
すると,
Yes, we are waiting.
と答えてくれました。

こういうのは,TOEICのPart2に近いものですが,もっともっとくだけていて,
きちんとした文になっていないことも多いので,
日本で教材を使って勉強しているだけだと習得しにくいですね。

スタバでコーヒーをたのんだときも,店員に何かをたずねられて聞き取れなかったので,
訊き返したら,同じ調子(ゆっくりでもなく,はっきりでもなく)で繰り返されました。
なんとかコーヒーは手に入れましたが,何と聞かれたのかいまだに謎です。

そういうちょっとした会話にすべて対応するのはものすごく難しいことだと思いますが,
今,自分が置かれている状況ではどのような会話がなされる可能性があるか,
というイメージを常に持っていると対応しやすいのだろうなとは感じました。

最後に,英語とは関係のないことですが,今回最も強く感じたのは,
アメリカ人(というか,他国からの観光客も多いと思いますが)はとても礼儀正しくフレンドリーだということです。
道ですれ違っただけでも会釈してくれるし,
ぶつかりそうになったりすると必ず目を見てSorry.と言う人が多かったです。

袖触れ合うも…とか言いますが,まったくの他人とコミュニケーションを取れるのは,
日本人としてはうらやましい限りでした。


にほんブログ村 英語ブログへ
Posted at 18:26 | 外国探訪 | COM(0) | TB(0) |