2017.07.18

2017-1英検1級二次結果

2017年度第1回英検1級二次試験の結果がオンラインで発表されました。
試験後の感想はこちら

2017-1英検二次結果

結果としてはなんとか合格です。
予想通り,前回の614よりは下がって,今回は611でした。
まあでも,取れた方ではないかなと思います。

今回も一言で言えばまぐれなのですが,
まぐれも2回続けば多少の実力かもしれません。

今後も英検受験は続けるつもりですが,
RLWをそれぞれ700くらい取る「きれいな」合格を目指します!


にほんブログ村 英語ブログへ

Posted at 15:08 | 英検 | COM(0) | TB(0) |
2017.07.09

2017-1英検1級二次試験

英検の二次試験を受験されたみなさま,おつかれさまでした。
私は今回も大阪YMCAで受験しました。

10時15分集合だったのですが,
遅刻して10時20分頃に到着したら,最後から2番目でした。
前回ほどは緊張しませんでしたが,それでもドキドキしました。
しかし,前回よりは勝手が分かっているぶんだけ楽でした。
11時30分くらいに面接室の前の席に案内され,
面接室に入ったのは11時50分を過ぎていたと思います。

面接官は50代後半くらいの白人女性(北米英語だったと思います)と
60代くらいの日本人男性(わりと日本人っぽい発音でした)。

最初は日本人男性から自己紹介をするように言われ,
前回と同じく用意していた自己紹介をしました。

さて,トピックカードを裏返しました。
タバコ,原発,宗教があったのは覚えています。

結局選んだのは,
またまたエネルギー問題のnuclear powerについてでした。

今回も,
I think that ~ for the following reasons.
Firstly, ~
Secondly, ~
In conclusion, for these reasons, I think that ~.
という形だけは守りました。

ただし,「権利はあるか」という問いだったのですが,
そのあたりをうまく説明できませんでした。

質疑応答については,白人女性の質問が2つ,日本人男性が2つだったと思います。
日本人男性の質問で一つよくわからないところがあったのですが,
聞き返すと余計に混乱すると思ったので適当に答えました。
あとは質問が聞き取れないということなどはありませんでした。
今回も,日本人男性よりもネイティブのほうが聞き取りやすかったです。

スピーチはまあまあ,質疑応答も噛み合わないということはなかったので,
高得点は望めませんが,なんとか合格していないかな,という感じです。

今回気になったことは,
・考えながら話すと発音・発声がよくない
・適切な文法・語いが使えない
ということです。
発音・発声については,音読とかするときは自分ではまずまずかと思っているのですが…。


にほんブログ村 英語ブログへ

Posted at 22:12 | 英検 | COM(0) | TB(0) |
2017.06.19

2017-1英検1級一次結果

2017年度第1回英検1級一次試験の結果がオンラインで発表されました。
試験後の感想はこちら

またもや,エッセイに「おんぶにだっこ」の合格…。

2017-1英検一次結果

前回と同じく,G1+4(CSE2109)で,
一見余裕のあるように見える合格点ですが,
またまたエッセイのみに頼った合格です。
R661とL652は不合格でも何ら不思議のないスコアですね。

ということですが,いずれにしても一次通過しました。
楽しみのようで気の重い二次試験がんばってきます。

あと3週間(そう,今回は3週間ある!)ノドが枯れるまで音読!


にほんブログ村 英語ブログへ

Posted at 15:26 | 英検 | COM(0) | TB(0) |
2017.06.04

2017-1英検1級一次

英検を受験されたみなさま,おつかれさまでした。
セブンイレブンのイートインでバウムクーヘンとコーヒー中です。

受験の感想ですが,「全体的に難しい」です。
解いたもののどれもこれも確信がない状態です。

では,感想戦。

●エッセイから始めました。
今回も予想していたトピックのうちの1つという方が多かったのではないかと思いますが,
「言論の自由の制限は正当化されうるか?」というお題。
言論の自由はまあ得意なトピックなので,そこそこ書けましたし,23分で書き終えました。
しかし,今回好調だったのはここまで。

●長文問題内容一致問題へ。
14時前に読み始めたので,時間的には余裕がありました。
しかし,選択肢が難しい。選べない…。
1題目に14分,2題目に19分,3題目に20分くらいかけてしまい,一気に貯金ゼロ,というよりマイナスです。

●語い・熟語問題へ。
英検1級受験は3回目ですが,いちばん難しいと思いました。
確信ありはほとんどなく,熟語も勘です。

●いつもと同様,ここで気分転換を兼ねてトイレへ。14時55分くらいでした。

●長文穴埋めへ。
この2題は仕方がないので思いっきり飛ばし読み。
最後のマークをしているときに「エンピツ置け」の指示。
ギリギリでした。

●今回の時間配分は,
語い・熟語 9分
長文空所補充 15分
長文内容一致 53分
エッセイ 23分
くらいでした。語い・熟語はもう少しかけたような気もしますが…。

●リスニング。
・音声がこもっていて聞きづらかったです。
・やっぱり難しい。ますます難しい。
・Part1の最初の問題からやられました。
・Part2の最後の問題はリサイクル。

エッセイは前回と同じくらい,語彙・熟語は↓,長文穴埋めは↓,長文内容一致は↓,リスニングは↓って感じです。
つまりエッセイ以外はすべてだめでした。
1次合格は難しいかもです…。


にほんブログ村 英語ブログへ

Posted at 16:38 | 英検 | COM(2) | TB(0) |
2017.03.30

英検一級初合格までの道のり(6)

二次試験 
スピーキング 28/40
(スピーチ7/10・質疑応答7/10・文法語い7/10・発音7/10)

一次試験が終わり,自己採点では,
・リーディング:素点26/41
・リスニング:素点18/27
ということになり,それぞれのCSEが660前後だろうと予想できました。

決していい成績ではありませんが,
2028-660×2=708
ということで,英作文でCSE708以上とれば合格するだろうという予想でした。
英作文については2016-2英検1級のときのCSE703よりは取れているはずだったので,
不安な気持ちがありながらも,結果を待たずに二次対策に入りました。

基本的には英作文のために作った解答を音読するという練習が
いいと思ったのですが,1つ問題点が出てきました。

英作文の指定語数は200語~240語ですから,
ほとんどの解答は200語を少し越える長さで作成してあります。
確かに,その原稿を相手にわかりやすいスピードで読んだ場合
スピーチの時間の2分間前後で収まるのですが,
何も見ずに話した場合,かなりスピードが落ちるために,
2分間では足りないことに気がついたのです。

試行錯誤してみましたが,やはり5段落構成の
導入自分がそのように考える理由×3結論
という形を使って,ソラで2分間に収めるというのは
現在の私のスピーキング力では無理があるという結論に至りました。

そこで,英作文での主張は変えずに,必ずしも必要ではない部分を削ることにしました。
つまり,
・導入では前置きなしに自分の意見だけを言い
・理由は2つに減らし
・結論でも要点を入れずに自分の意見をもう一度言うだけ
です。

Introduction
I think that(自分の意見)for the following reasons.
Body1
Firstly, ~(そのように考える理由1).
Body2
Secondly, ~(そのように考える理由2).
Conclusion
In conclusion, for these reasons, I think that(自分の意見). Thank you.

そうすると,上のような形になります(英作文のときのものは次にあります)。
英検一級初合格までの道のり(4)
これではおそらく高得点は望めませんが,一応の形にはなっています。
この形で120~150語の原稿を作りました。
(実際のスピーチでは100語程度しか話さなかったのではないかと思います。)

二次試験の日まで,上のような形で作成し直した原稿を音読しました。
本番では作成した原稿が使えるようなトピックはなかったのですが,
原稿を作成し,それを音読することそれ自体が二次試験の練習になることは間違いありません。

二次試験での体験の詳細は次の記事にあります。
2016-3英検1級2次試験

今回の私は面接官に恵まれていたと思います。
詳細は忘れましたが,私が文の最後を... need to think.のように言ったときに,
日本人試験官が首を傾げたので,... need to be thought.と言い直したこともありました。
その試験官は「なんとか合格させてやりたい」という気持ちがあったのでしょうね。
そんな試験官ばかりではないかもしれませんが,そういう姿勢の試験官も多いと思います。

たとえトピックの中に自分が話せそうなものがなかったとしても,
・簡単な英語でいいので自分の意見とそう考える理由を2分間話す
・試験官の質問を注意して聞き,わからなければ聞き返して理解する
・その上で会話(議論)を成立させる
ことがすべてです。

これさえできれば二次試験で合格する可能性は高いと思います。


にほんブログ村 英語ブログへ

Posted at 17:59 | 英検 | COM(0) | TB(0) |