FC2ブログ
2018.08.31

現在の学習内容メモ(2018年8月31日)

今日は8月の最終日です。
明日明後日は週末ですから,いつから新学期なのかわかりませんが,
ほとんどの子どもたちは泣きながら宿題をしているところでしょうか。

さて,2017年の5月に「現在の学習内容メモ」を書いてから
1年以上空きましたので,アップデートしておきます。

次の試験はTOEICが11月,英検が来年1月の予定ですので,
少し試験から離れたこともやっています。

1.『実践ビジネス英語』を聴く(45分/1週間)
2.『実践ビジネス英語』のオーバーラッピング(2回/1日)
3.『1984』を読む
4.オンライン英会話(50分/1週間)
5.『でる順パス単英検一級』でる度A(150語/1日)



1.『実践ビジネス英語』は4年めになるのでしょうか。結構続いています。
下手な教材を使うよりはよほどいい勉強になります。

2.『実践ビジネス英語』2017年1月号のAge-Friendly Environmentの
vignetteを使ってオーバーラッピングをしています。
なぜそんなに古い素材をオーバーラッピングしているかと言えば,
今年の3月からずっとこれをやっていて,未だに完成しないからです。
6分弱の素材ですが,これを朝と晩に1回ずつやっています。
最初は0.75倍速でしていたのですが,
6か月過ぎた今になってようやく等倍速でできるようになりました。
ただ,自分の声を録音して聴いてみると音がはっきりしない部分もたくさんあるので,
それが満足できるまでになったら次の素材へ移ろうと思っています。
1年くらいはかかるかも知れませんね。

3.前から読みたかったジョージ・オーウェルの『1984』を読んでいます。
1日に2,3ページが限界で,まだ50ページも読んでいませんが…。
場所によりますが,意味を知らない単語がこれでもかってくらい出てくる箇所もあります。
なんとか挫折せずに最後まで読み通したいです。



4.スカイプ英会話は3年以上続けています。25分/1回を週2回くらいです。
articleを選んでそれについて話すのですが,
articleを決めるためにオンラインで新聞などを読むので,
それがまた練習になります。

5.『でる順パス単英検一級』でる度AをスマホアプリMikanを使ってやっています。
ただ,このアプリはandroidで不具合が出るので,現在はAnkiに移行中です。
いずれにしても,本よりもアプリのほうが断然覚えられますね。

番外.『ビッグバンセオリー』を英語音声・英語字幕で観ています。
日本語字幕で観たことがあるシーズンを再び見ているので,
2回繰り返して観れば,大体のストーリはつかむことができます。
しかし,シェルダンの使う単語は難しいですね。

現在は以上のような感じで勉強しています。


にほんブログ村 英語ブログへ

Posted at 12:10 | 雑記 | COM(0) | TB(0) |
2018.08.01

なぜ英検を受け続けるのか?

この3年ほど,英検を受け続けています。
2016-2の1級初受験では1次試験で不合格でしたが,
2016-3では,1次試験・2次試験とも合格しました。
それ以降,4回連続で合格しています。

しかし,合格回数の記録を作るとか,合格回数を競うという目的はありません。
また,CSE3000を超えるというのも年単位の問題なので,直近の目標ではありません。
では,なぜ英検を受け続けるのか書いてみたいと思います。

●学習のペースメーカーが必要だから

日本で英語を勉強するとき,ペースメーカーは必ず必要だと思っています。
例えば,英語学習が「ラジオ講座」をずっと聞き続けるだけという人もおられるでしょう。

しかし,そんな人でも,仕事で英語を使うとか,たまにだれかと英語で話すとか,
そういった機会を持っている人がほとんどではないかと思います。

そんなときに「うまく英語が書けた」とか「会話がはずんだ」などの達成感が
学習のモチベーションになって学習が継続できるのだと思います。

たまの海外旅行以外にそのような機会を持たない私にとっては,
英検受験がモチベーションを上げ,ペースメーカーとなってくれています。

●英検がバランスのよい試験だから

私は将来的に昇進のために英語が必要だとか,海外転勤があるとか,
ということは一切ありません(人生に大きな転機が訪れない限り)。

仕事に必要な英語力はすでにあるはずですので,
今以上に英語が読めるようになるとか話せるようになる必要はありません。
つまり,私にとっては英語学習は趣味のようなものです。

趣味であるならば,4技能をバランスよく測れる英検は最適の試験です。
また,アカデミックな内容が私にとっては興味を持ちやすいということもあります。

●1か月間スピーキングに没頭できるから

1次試験を終えてから1か月間はスピーキングに集中して練習します。
私は1次試験終了から2次試験までは,ほぼスピーキングの練習しかしません。

日本にいてスピーキングに没頭する時間を作ることほど難しいことはないと思っていますので,
留学している人の「英語を話すしかない」という自らを追い込むような
環境に準じる境遇にあえて自らを置くのです。

そうすることによって,この1か月間でものすごくスピーキングが上達します。
2次の面接でヘマをしたくないという気持ちが自分に練習を強いるわけです。
これが英検受験の最大のメリットだと思っています。

逆に言うと,この期間に必死に練習しなくても2次試験でよい成績が出るようになれば,
私は英検受験をやめるかもしれません。いや,おそらくやめるでしょう。

以上,私が英検を受け続ける理由です。

●その他の資格試験について

英検以外には,TOEICも楽しいので,年に数回は受験したいと思っています。

Speakingについては,私は基本的に人と人とのコミュニケーションだと考えますので,
コンピュータに向かって話すようなテストはあまり受けたくありません。

ですから,英検,TOEIC以外で受ける可能性のあるのはIELTSですね。
しかし,受験料が高いですから,なかなか踏み切れないということもあります。


にほんブログ村 英語ブログへ

Posted at 17:30 | 雑記 | COM(0) | TB(0) |
2018.01.02

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年はTOEICを3回,英検一級を2回受験しました。

英検一級に関しては,2016-3で初合格することができ,
英語の勉強を続けてきて本当によかったと感じました。
私の人生の中でも英検一級の合格は最もうれしかったことのうちの一つです。

TOEICについては,成績が思うように出ず,徐々に下がってきている感じです。
しかし,これに関しては,甘んじて受け入れております。
いつまでかかるのかわかりませんが,TOEICに特化した対策をせずに,
満点を取ることができるまで続けるつもりです。

英語全般に関しては,昨年から引き続き,今年も話すことを中心に練習をしようと思っています。
できるだけ英語を話す機会を増やし,音読やシャドーイングの量を増やし,
オンライン英会話でも,文法的に正しい英語で話す,ネイティブのような表現を使うことを目指します。

今年もTOEICを3回,英検一級2回程度の受験にするつもりです。
試験についてはこれら5回の受験にベストで挑みます。
回数を減らして一回一回の試験を大事にしたいと思っています。

私自身の今年の方向性・目標としましては,
1.英検一級に余裕を持って合格する実力をつける。
2.話すことを中心に,英語の総合力を上げるような勉強をする。
3.オンライン英会話など,アウトプットの機会をできるだけ増やす。
4.海外旅行へ行くなら,失敗を怖れずに英語を使う。

英語学習者のみなさんのご健康を祈りつつ,
私自身も引き続き健康に気をつけ,英語学習に精進していきます。
今年がよい一年になりますように!


にほんブログ村 英語ブログへ

Posted at 11:42 | 雑記 | COM(0) | TB(0) |
2017.09.21

New York 探訪

先週,旅行で New York を訪れました。
アメリカ本土へ行くのは今回が初めてです。

20170912-1

今回の旅行では,現地のアメリカ人家族と一緒に過ごすことが多かったので,
今までで最も英語をよく使う旅行となりました。

とは言え,時差ボケで睡眠時間が極端に短かったために,
午前中はなんとか英語を聞き取ろうと集中することができても,
午後や夕方になると,だんだん疲れて眠くなり,ほとんど聞き流してしまっていました。

TOEICや英検の勉強をしているおかげか,集中して聞けば(これがものすごく疲れるのですが),
ほとんどの場合,完璧とは言えないものの,話の大筋は理解できました。

逆に,やはり実力不足だなと感じたのは,ちょっとした返答とかがまったく聞き取れないということです。

あるショッピングモールでトイレの列に並んでいたときのことですが,
私の前には若い男性が1人だけいました。
そこへ,おそらく私たちが並んでいるということに気づかず,別の男性が私たちを抜かしていったのです。
すると,私の前の男性が「●▼■」とその抜かした男性に言い,
その男性はSorry.と言って,私の後ろに並びました。
私はその「●▼■」がまったく聞き取れませんでした。
私が先頭だったら,抜かした男性に声をかけられなかったのではないかなと思います。

そのあとで,お世話になったアメリカ人のお母さんに,何と言ったと思うかたずねたところ,
I'm next. か We're on[in] line. じゃないかなと答えてくれました。
私にはそのどちらにも聞こえなかったのですが…。

こうやって学んだことをすぐに活用できる機会があるのがさすが英語圏の国ですね。
ベーグル屋さんで注文したあと,できあがるのを待っていると,店に入ってきた若い男性に,
You guys on line?
とたずねられました。(動詞はなかったと思います。)
また,レストランでトイレへ行くと,年配の男性2人が立っていたので,今度は私が,
Are you on line?
と使ってみました。
すると,
Yes, we are waiting.
と答えてくれました。

こういうのは,TOEICのPart2に近いものですが,もっともっとくだけていて,
きちんとした文になっていないことも多いので,
日本で教材を使って勉強しているだけだと習得しにくいですね。

スタバでコーヒーをたのんだときも,店員に何かをたずねられて聞き取れなかったので,
訊き返したら,同じ調子(ゆっくりでもなく,はっきりでもなく)で繰り返されました。
なんとかコーヒーは手に入れましたが,何と聞かれたのかいまだに謎です。

そういうちょっとした会話にすべて対応するのはものすごく難しいことだと思いますが,
今,自分が置かれている状況ではどのような会話がなされる可能性があるか,
というイメージを常に持っていると対応しやすいのだろうなとは感じました。

最後に,英語とは関係のないことですが,今回最も強く感じたのは,
アメリカ人(というか,他国からの観光客も多いと思いますが)はとても礼儀正しくフレンドリーだということです。
道ですれ違っただけでも会釈してくれるし,
ぶつかりそうになったりすると必ず目を見て Sorry. と言う人が多かったです。

袖触れ合うも…とか言いますが,まったくの他人とコミュニケーションを取れるのは,
日本人としてはうらやましい限りでした。


にほんブログ村 英語ブログへ

Posted at 18:26 | 雑記 | COM(0) | TB(0) |
2017.05.12

現在の学習内容メモ(2017年5月12日)

2015年の1月に「現在の学習内容メモ」をpostしましたが,それが最新のようです。
ずいぶんあいだが空きましたが,アップデートしておきます。

TOEIC学習を中心に据えていた頃とはガラッと変わりました。

1.『実践ビジネス英語』を聴く(45分/1週間)
2.英検一級過去問を解く(週5日くらい・30分/1回)
3.英検一級自作エッセイを音読(10分/1日)
4.英検一級自作スピーチ作成(5分/1日)
5.『実践ビジネス英語』前Lessonのオーバーラッピング(1,2回/1日)
6.『英検一級出る順単熟語』音読(5分/1日)
7.オンライン英会話(1,2回/1週間)

1.『実践ビジネス英語』は3年めになります。この番組は内容的にも勉強になりますし,単語を覚えるきっかけにもなります。

2.〔問1〕〔問2-1〕〔問2-2〕〔問3-1〕〔問3-2〕〔問3-3〕〔Part1〕〔Part2〕〔Part3&4〕の9回くらいに分けて,実際に解いて答え合わせをし,最後に知らない単語を調べつつ復習…という感じでだいたい1日30分くらいです。エッセイはやりません。

3.自作エッセイが現時点で34本あるので,それを1本3回ずつ,1日に2,3本音読します。

4.スピーチの過去問を使って自作スピーチを作成します。現在のところ,自作エッセイから流用できるトピックのみで1日に1本作成しますので,ほとんどコピペで5分くらいです。

5.『実践ビジネス英語』のLesson最後の通しのvignetteを録音したものを使ってオーバーラッピングをします。次のLessonが終わるまで続けるので2週間で20回くらいです(少ない!)。5分以上あり,ついていくのがかなり大変なので,今のところ0.75倍速でやっています。

6.百式をまねた方法でやっています。1週間で60語です。完全に定着するのは1/3くらいですね。

7.友人のアメリカ人女性とは3年くらい続けています(月2回・30分/1回)。あと,オンライン英会話学校でお気に入りのアメリカ人男性を中心に月4~6回,25分/1回です。

番外.『ビッグバンセオリー』は日本版新作が出ませんし,『スーツ』は全部見てしまいましたし,見たいTV seriesがない状態なのでいろいろさがして映画を見ています。何かおもしろいTV seriesはないでしょうか?

現在は以上のような感じで勉強しています。


にほんブログ村 英語ブログへ

Posted at 09:25 | 雑記 | COM(0) | TB(0) |