FC2ブログ
2020.02.15

洋書楽読(12):Kane and Abel

"Kane and Abel" by Jeffrey Archer
を読みました。



・総ページ数:545ps
・読了までにかかった期間:2か月

ネットなどで調べてみて,この本の評価が高かったので,読むことにしました。

同じ日に全く別の世界で,全く異なる環境のもとに生まれた2人の物語です。
大人になってからようやく2人は出会うことになりますが,
互いの誤解により,ひどく憎しみ合うことになります。

Jeffrey Archer の名前は聞いたことがあったのですが,
原書はもちろん,翻訳書も読んだことはありませんでした。
ただ,この作品がテレビ化されたものはちらっと見たことがあるような気がします。

洋書楽読では初めてのイギリス人作家の本ですし,
本も分厚いため,「読めるのだろうか?」と思いながらページを開きました。

読み始めてみると,これがとても読みやすかったです。
知らない単語もそれほど多くないですし,
文脈から,その単語がいい意味なのか悪い意味なのかが判断できることが多かったので,
そういった単語は辞書を引かずに読み続けました。

中盤くらいから,このあと2人はどうなっていくのだろうと思って読み進め,
どんどんページをめくるスピードが速くなっていきました。

最後は,悲しい終わり方ですね。
せめてもの救いは,最後には2人が真実を知ることができたことでしょう。

英語としては John Grisham や Dan Brown よりも読みやすかったです。
特に,ビジネスマンとしてのし上がっていくような話が好きな人はどんどん進むと思います。
ただし,部分的にですが,構文が取りにくいところもあります。

以下,あくまでもわたしの個人的な感想です。
・がんばれば読めるレベル:大学生
・おすすめ度★★★★★(読ませる本です!)


にほんブログ村 英語ブログへ
Posted at 11:36 | 洋書楽読 | COM(0) | TB(0) |
2020.01.24

TOEIC Part2対策『TOEIC パート1・2特急Ⅱ難問240』

基本的にはTOEICに特化した勉強はしないことにしているのですが,
最近,この本を買って音読しています。



理由は,Part2が弱いことと,Part2の練習は会話に役立つような気がするからです。

現在,2周目ですが,個人的な感想です。

・「難問」と題されていますが,最近の公開テストはもっと難しいような気がします。
というのも,この本のナレータの音声は比較的聞き取りやすいからです。
公開テストのほうが聞き取りにくいナレータがいますね。

・モリテツ先生の本ですからまあ間違いはないとは思うのですが,
採点対象外になりそうな問題がいくつかあります。
採点対象外になる・ならないは作問のさじ加減だと思うので,
モリテツ先生はそのあたりのギリギリのラインを狙っているのだと思いますが。

とにかく,次の公開テストまではこの本を回そうかと思っています。


にほんブログ村 英語ブログへ
2019.12.24

11月(第245回)AM

11月に行われた第245回公開テストのAMが届きました。

20191124AM1

20191124AM2

以下,TEX加藤先生の正解数換算表によるものです。
(ただし,私はフォーム2だったようですが,R3の数字が合いません。)

【リスニング】
のべでは,AMの上から 1 0 0 2 0 の3問ミスとなります。
項目1~項目4のミスを足した数も3なので,3問ミスのようです。
TEX加藤先生によると「パート2で採点対象外の問題が1問あったようですので、
母数を99として計算してください。」とのことです。
3問ミスなんて上出来ですね。本当に久しぶりです。
これはただのまぐれか,実力が上がったのか?

【リーディング】
ミスはAMの上から 0 2 3 1 0 で,重複を考えなければ6問ミスとなります。
Part7でのミスが多い感じですかね。

さて,次は来年ですが,このままの好調が続くのか,はたまた…。


にほんブログ村 英語ブログへ
2019.12.11

11月(第245回)公開テスト結果

11月24日に受験した第245回TOEIC公開テストの結果がオンラインで発表されました。
以前よりも5日ほど早く結果を知ることができるようになったのですね!
L485 R475 T960

20191124結果

受験後の感想はこちらです。

今年の7月の第242回公開テストからリスニング30点,リーディング10点アップです。
今回の試験後の感触は全然ダメだったのですが,意外と取れました。

特にリスニングが上がったのがうれしいです。
落としたのはおそらくPart2だろうなぁと思います。

リーディングは安定していますね。
あと4問程度でしょうか。

予定では次は4月です。


にほんブログ村 英語ブログへ
2019.12.08

洋書楽読(11):Origin

"Origin" by Dan Brown
を読みました。



Dan Brownの小説は,10年以上前『ダヴィンチコード』がヒットしたときに
日本語で読んで以来になります。

Professor Langdonの教え子であり親友であるEdmond Kirschが
Where do we come from? Where are we going?の謎を解いたということから
さまざまな事件が起こります。

Prologueを読み始めてすぐに,知らない単語が続々と出現して,
最初の数ページで挫折しそうになりました。

この小説では,建物・地理などの描写にかなり難易度の高い単語が使われます。
しかし,それ以外は少し難しいというくらいのレベルでしょうか。
例えば,appearでいいのではと思うところでmaterializeを使ったりしています。

Edmond Kirschのビデオが公開されるまでは,
一体どうなるのだろうかと興奮しながら読み続けました。
その後は尻すぼみかと思いきや,最後まで伏線の回収が続き,
ページをめくる指が止まらないくらいでした。

英語としてはJohn Grishamより難しいので読みにくいと思います。
ただ,Dan Brownは色々と勉強になることもあります。
例えば,スペインの歴史,アントニオ・ガウディの建築などです。

上で書いたように,この本を読み進めるあいだは頻繁に辞書を引きました。
最初のほうは1ページに10~20回というときもあったかもしれません。
建物・地理の描写のない部分や後半は重要な語だけを引くことにしたので,
それほど多くはなかったですが,それでも1ページに数語は引きました。

文法的に難しい文はそれほど多くはありませんでした。
ただし,Grishamよりは主語や動詞を意識的に確認する作業が多かった気がします。

以下,あくまでもわたしの個人的な感想です。
・がんばれば読めるレベル:在学中に英語学習を頑張っている大学生
・おすすめ度★★★★☆(教養もつきます!)


にほんブログ村 英語ブログへ
Posted at 22:02 | 洋書楽読 | COM(0) | TB(0) |