2017.05.12

現在の学習内容メモ(2017年5月12日)

2015年の1月に「現在の学習内容メモ」をpostしましたが,それが最新のようです。
ずいぶんあいだが空きましたが,アップデートしておきます。

TOEIC学習を中心に据えていた頃とはガラッと変わりました。

1.『実践ビジネス英語』を聴く(45分/1週間)
2.英検一級過去問を解く(週5日くらい・30分/1回)
3.英検一級自作エッセイを音読(10分/1日)
4.英検一級自作スピーチ作成(5分/1日)
5.『実践ビジネス英語』前Lessonのオーバーラッピング(1,2回/1日)
6.『英検一級出る順単熟語』音読(5分/1日)
7.オンライン英会話(1,2回/1週間)

1.『実践ビジネス英語』は3年めになります。この番組は内容的にも勉強になりますし,単語を覚えるきっかけにもなります。

2.〔問1〕〔問2-1〕〔問2-2〕〔問3-1〕〔問3-2〕〔問3-3〕〔Part1〕〔Part2〕〔Part3&4〕の9回くらいに分けて,実際に解いて答え合わせをし,最後に知らない単語を調べつつ復習…という感じでだいたい1日30分くらいです。エッセイはやりません。

3.自作エッセイが現時点で34本あるので,それを1本3回ずつ,1日に2,3本音読します。

4.スピーチの過去問を使って自作スピーチを作成します。現在のところ,自作エッセイから流用できるトピックのみで1日に1本作成しますので,ほとんどコピペで5分くらいです。

5.『実践ビジネス英語』のLesson最後の通しのvignetteを録音したものを使ってオーバーラッピングをします。次のLessonが終わるまで続けるので2週間で20回くらいです(少ない!)。5分以上あり,ついていくのがかなり大変なので,今のところ0.75倍速でやっています。

6.百式をまねた方法でやっています。1週間で60語です。完全に定着するのは1/3くらいですね。

7.友人のアメリカ人女性とは3年くらい続けています(月2回・30分/1回)。あと,オンライン英会話学校でお気に入りのアメリカ人男性を中心に月4~6回,25分/1回です。

番外.『ビッグバンセオリー』は日本版新作が出ませんし,『スーツ』は全部見てしまいましたし,見たいTV seriesがない状態なのでいろいろさがして映画を見ています。何かおもしろいTV seriesはないでしょうか?

現在は以上のような感じで勉強しています。


にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
Posted at 09:25 | 雑記 | COM(0) | TB(0) |
2017.04.20

11月のミステリー

年始の記事にも書きましたが,自分自身のいろいろな思いがあり,
当面はTOEIC一筋というのをやめることにしました。
そこで,このブログの右カラムにあるこれまでのTOEIC記録を眺めていました。

ここ4年ほど集中してTOEICを受験してきて,受験回数は通算37回となりました。
2014年は9回,2015年と2016年は10回と,この3年はほぼ全回受験しました。
リスニングでは7回満点を取り,リーディングでも3回満点を取ることができました。

過去最高点は2015年3月の985点(L490/R495)です。
この頃は韓国模試も含めて毎週1模試を解いていた頃です。
今から考えれば,この頃が全盛期でしたね。

妻にもあきれられるくらい,模試本を買い込んで,毎晩やっていました。
この時期に満点取得を逃したのが悔やまれるところですが,
まあ,あと一歩届かないというのが私らしくていいのかもと思います。

あれっ?
TOEIC記録を見ていて気づいたことがあります。
それは,3年連続で11月にリスニングで満点を取っているということです!
上で書いたようにリスニング満点は7回しかないですし,
ほとんど連続することもなく,たまたま調子がよかった(運が良かった,簡単だった)ときに取れた感じです。
それなのに,なぜかそのうちの3回が毎年11月なのです。

これは一体?
仮設としては,
・11月の受験者数が多い
・11月は私の調子がいい(ほかの人の調子が悪い)
・11月は採点対象外が多い
…あたりでしょうか?

今年もTOEICは何回か受験する予定ですが,
11月は,12月との間隔が狭いことと,英検との関係があるため,受験するつもりはありませんでした。
しかし! この事実を知ってしまった以上,受験するべきでしょうか。

いや,ミステリーはミステリーのままで残しておいたほうが楽しいかもしれません。


にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
Posted at 10:51 | 雑記 | COM(0) | TB(0) |
2017.04.10

3月AM

3月に行われた第218回公開テストのAMが届きました。

20170312AM1

20170312AM2

以下,TEX加藤先生の正解数換算表によるものです。

【リスニング】
ミスはAMの上から 0 1 1 4 0 の6ミスとなります。
5番目のミスがないので,そのまま6問ミスくらいのようです。
Part3,4の各セット2,3問目でミスしているようですが,
受験後の感想でも触れたPart4の2セット分かもしれません。

【リーディング】
ミスはAMの上から 3 0 4 1 1 で,重複を考えなければ9ミスとなります。
3月はPart7をベタ読みしなかったので,そこでミスしていますね。
ただ,それほど多くはないので,スキャン読みも手段の一つにするかもしれません。

しばらくのあいだは,受験回数を減らすつもりでいますが,やはりTOEICは楽しいですね。


にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
2017.04.03

3月公開テスト結果

3月12日に受験した第218回TOEIC公開テストの結果がオンラインで発表されました。
L480 R470 T950

20170312結果

受験後の感想はこちらです。

12月の第216回公開テストからリスニング10点アップ,リーディング35点アップです。
まあ,12月は(おそらく)マークミスによる失点が多かったので,
今回は通常に持ち直したということでしょうか。

しかし,相変わらず低迷していますね。
おそらく,950前後が現在の実力なのでしょう。
あとの45点をどうやって埋めるかが課題ですね。

現在は,TOEICとはまったく関係のない勉強を続けています。
これによってどう変わるか,あるいは,変わらないか…。


にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
2017.03.30

英検一級初合格までの道のり(6)

二次試験 
スピーキング 28/40
(スピーチ7/10・質疑応答7/10・文法語い7/10・発音7/10)

一次試験が終わり,自己採点では,
・リーディング:素点26/41
・リスニング:素点18/27
ということになり,それぞれのCSEが660前後だろうと予想できました。

決していい成績ではありませんが,
2028-660×2=708
ということで,英作文でCSE708以上とれば合格するだろうという予想でした。
英作文については2016-2英検1級のときのCSE703よりは取れているはずだったので,
不安な気持ちがありながらも,結果を待たずに二次対策に入りました。

基本的には英作文のために作った解答を音読するという練習が
いいと思ったのですが,1つ問題点が出てきました。

英作文の指定語数は200語~240語ですから,
ほとんどの解答は200語を少し越える長さで作成してあります。
確かに,その原稿を相手にわかりやすいスピードで読んだ場合
スピーチの時間の2分間前後で収まるのですが,
何も見ずに話した場合,かなりスピードが落ちるために,
2分間では足りないことに気がついたのです。

試行錯誤してみましたが,やはり5段落構成の
導入自分がそのように考える理由×3結論
という形を使って,ソラで2分間に収めるというのは
現在の私のスピーキング力では無理があるという結論に至りました。

そこで,英作文での主張は変えずに,必ずしも必要ではない部分を削ることにしました。
つまり,
・導入では前置きなしに自分の意見だけを言い
・理由は2つに減らし
・結論でも要点を入れずに自分の意見をもう一度言うだけ
です。

Introduction
I think that(自分の意見)for the following reasons.
Body1
Firstly, ~(そのように考える理由1).
Body2
Secondly, ~(そのように考える理由2).
Conclusion
In conclusion, for these reasons, I think that(自分の意見). Thank you.

そうすると,上のような形になります(英作文のときのものは次にあります)。
英検一級初合格までの道のり(4)
これではおそらく高得点は望めませんが,一応の形にはなっています。
この形で120~150語の原稿を作りました。
(実際のスピーチでは100語程度しか話さなかったのではないかと思います。)

二次試験の日まで,上のような形で作成し直した原稿を音読しました。
本番では作成した原稿が使えるようなトピックはなかったのですが,
原稿を作成し,それを音読することそれ自体が二次試験の練習になることは間違いありません。

二次試験での体験の詳細は次の記事にあります。
2016-3英検1級2次試験

今回の私は面接官に恵まれていたと思います。
詳細は忘れましたが,私が文の最後を... need to think.のように言ったときに,
日本人試験官が首を傾げたので,... need to be thought.と言い直したこともありました。
その試験官は「なんとか合格させてやりたい」という気持ちがあったのでしょうね。
そんな試験官ばかりではないかもしれませんが,そういう姿勢の試験官も多いと思います。

たとえトピックの中に自分が話せそうなものがなかったとしても,
・簡単な英語でいいので自分の意見とそう考える理由を2分間話す
・試験官の質問を注意して聞き,わからなければ聞き返して理解する
・その上で会話(議論)を成立させる
ことがすべてです。

これさえできれば二次試験で合格する可能性は高いと思います。


にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
Posted at 17:59 | 英検 | COM(0) | TB(0) |